アルファミック オーブンペーパーはあらゆる場面で役立つ相棒です

広告

我が家では「*過熱水蒸気オーブンレンジヘルシーシェフ*」の
必須アイテムで日々大活躍しています。

おすすめの活用法

・ヘルシーシェフの調理全般で活用できる
・落し蓋が必要な調理でしっかり蒸らすことができる
・50mで耐熱250℃でコスパが高い

アルファミック オーブンペーパー

アルファミック オーブンペーパー

アルファミック オーブンペーパー

従来のオーブンペーパーの悩み

前時代の活用方法を想定したパッケージの場合
容量が足りず、すぐ使い切ってしまいます。

その点「アルファミック オーブンペーパー」の場合は
50mもあるので毎日使っても全然減らないです。

ヘルシーシェフで活躍する場面

圧倒的に「焼き」のレシピが多いです。
焼き魚はもちろんのこと、唐揚げや生姜焼きなどの時も
しっかりと熱を伝えてくれて美味しく焼き上がります。

実際の活用場面

さばの塩焼き

調理前(冷凍)
さばの塩焼き

ヘルシーシェフ mro-vs7 ぶり調理後

他の料理で活躍する場面

落し蓋としてこのペーパーを活用すると
煮込み料理が格段に美味しく仕上がります。
(耐熱性が高いペーパーなので長時間の煮込みをしても
しっかりと紙が崩れることがありません)

個人的な感想としては落し蓋は平面のため中に空気が溜まってしまいますが
オーブンペーパーを使うと料理に密着してしっかりと熱をキープするため
比較的短時間にも関わらず、硬いものでしっかりと熱が通り
美味しく仕上げっていると思います。

最後に

キッチン消耗品ということで今回はデメリットは特にありません。
一度今お使いのオーブンペーパーと比較してみると
その良さが実感できます。(^_^)

タイトルとURLをコピーしました