DMM光、IPv6無線LAN環境を高速化いたしました。

広告

引っ越しを気に、DMM光を導入して、IPV6環境にどっぷりつかっておりましたが
最近クリティカルな悩みが浮上してまいりました。

無線LAN接続端末増加による速度減速・不安定化です

DMM光(IPv6)、光回線が本日開通しました。大満足の速度でした。
以前こちらの記事で導入時の速度などをご紹介いたしました。

この時はまだ接続端末も少なく、標準の無線LANルーターで高速スピードを維持しておりました。
しかし、便利になれば欲がでてくるもので、スマホやタブレット、PS4経由のnasne接続など
端末数が増加して安定していたが故に動画の閲覧などもどんどん増えていきました。

打開策はIPv6対応ルーターの導入!

接続台数を担保して、通信を安定化させるための手段といえば
やはり無線LANルーターの導入ですよね。

悩んだ末こちらのDMM光のIPv6対応ルーターを導入いたしました。

WSR-2533DHP2-CG

BUFFALOのWSR-2533DHP2-CGというDMM光のIPv6対応ルーターを購入いたしました。

・IPv6(アクセス集中による速度低下が起きにくい)
・最新のiphoneに最適な「11ac 4×4」搭載
・複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応
・4×4&ビームフォーミング機能

上記のような特徴でやはりDMM光のIPv6に対応している点と
ビームフォーミングなどの接続を安定化させる機能を備えている点が選択した理由です。
カラーもシャンパンゴールドとルーターとは思えないオシャレさです。\(^o^)/

肝心の速度はどうか

ざっと5Ghz環境で三回測定をしてみました。
どん!文句なしの速度ですよ、これならばっちり。
DMM光で速度が気になる方は是非DMM光のIPv6対応ルーターを一緒に購入してみてください。

下り平均:257.78 Mbps
上り平均:288.89 Mbps

コメント

タイトルとURLをコピーしました