Big Sur アップデート インストールできない問題の解決まで(Intel)

広告

Big Sur アップデート インストールできない問題の解決まで(Intel)

MacBookPro15(2016)モデルにて昔、high sierraからMojaveのアップデート後に
スリープ後にカーネルパニックを引き起こすバグに遭遇してからは
MacOSのアップデートには慎重派でした^^;

 

今回、Big Surにアップデートする際も
しばらく悪い噂がない事を確認してからOSのアップデートを行いましたが…。
結果、残り2%のところでアップデートは完了せず、アラートが表示されて
もう通常のログイン画面以降に進まない状態となりました。

 

最終的にたどり着いた、Big Sur アップデート解決策

  1. MacOS復旧より「Macの初期化」
  2. ディスクユーティリティからFirstエイド
  3. Big Surの新規インストール

これが最短ルートの解決方法でした。
正直Time Machineやクラウドにバックアップがない方は諦める必要があります。
潔く初期化からの新規インストールが普及への道でした。

macOS Big Sur

CleanMyMac Xを使ってストレージの容量を減らす方法

メニューバーに必要機能が集約されていて使いやすい。
メンテナンス、セキュリティ、メモリ管理がひとつのアプリできるのは便利
M1チップの温度と負荷を確認できるのが便利

いろんなアプリでMacの中でちらばった機能をこれ一つで代用できる
Macの統合メンテナンスアプリとしては非常に優秀でした。

ストレージ削減したくても
不要ファイルやキャッシュの削除は
初心者の方にはハードルが高かったりしますので
このCleanMyMac Xは操作しやすいUIなどでおすすめです。


 

途中試してダメだったこと

・他のMacからUSB-Cケーブル(Thunderbolt対応)でターゲットディスクでのデータ救出
・OSのみの再インストール
・初期購入時のデフォルトOSでの(Sierra)新規OSインストール(最後の最後にマイナス300秒になる)

 

原因と考えられること

推奨ではインストールのためにストレージが45G程度必要となっていましたが
相当数容量の空きがないとインストーラーがストレージを食い潰して
OSが動作できないくらいまで追い込まれるのではないかと思います。

こんな時の頼みの綱である「ターゲットディスク」モードも
接続後にパスワードを何回やっても受け付けずFileVaultを突破できないという
これはどうやら旧バージョンのOSからでないとBigSurインストール状態のストレージには
パスワードを通過してアクセスできないようです。

 

結果的に、初期化でストレージ容量を減らしたことで
新規インストールが成功するようになりましたので

同じ現象の方は諦めて初期化の道を選ぶのが良いと思います。
まだアップデート前の方はくれぐれも容量には気をつけてください。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchl338cf9a8/mac
タイトルとURLをコピーしました