デニッシュのルーツから最新のポップオーバーとは?

広告

Bon Danishでデニッシュを再発見しましたので
この際歴史について調べてみました。

サクサクとした食感と、ふんわりとしたバターの風味が魅力であるデニッシュ。
軽い朝食に食べても、ちょっとしたおやつに食べても美味しい人気のパンです。(*^^*)


このデニッシュの誕生の歴史は、デンマークやその周辺であるスカンジナビア諸国で発祥したと考えられています。
デニッシュの名前そのものが、「デンマーク由来」という意味なのだそうです。
発祥の地デンマークでは、誕生日などのお祝いの時に、ケーキのかわりに食べることもあります。
チョコレートやジャムなどをトッピングしたり、カスタードクリームを詰めたりする場合もあります。
デニッシュの美味しさの秘密は、何と言ってもバターの風味と独特の生地の食感にあります
生地を薄くのばして、バターを塗り込んで幾重にも重ねて巻き込むことにより、あのサクサクとした食感が作られます。

最近では、アメリカで発祥したデニッシュの一種であるポップオーバーというスイーツが、パンケーキに次ぐ流行の兆しを見せています

。外はカリッとしたキノコのような風貌で、二つに割ると、中は空洞になっています。この空洞にクリームやホワイトソースなど色々なものを挟んで食べます。

スイーツの最新のトレンドとして、今後も注目を集めるのではないでしょうか。(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました