リモートワークで味わっている本当に美味しいドリップコーヒー3選

広告

コロナ渦でリモートワークに慣れてきたこの頃
集中力を高めるため、スムーズにビジネスモードへスイッチが入るよう
コーヒーを飲むことでオンオフの切り替えを習慣化しています。

その中で毎日消費するドリップコーヒー味が飽きてしまわないように
3種類をルーチンしているのですがその3種類をご紹介したいと思います。

おすすめの違いは

何を飲んだらいいか迷ったかたは「モンカフェ
ある程度コーヒーが好きなら「小川珈琲
普段シアトル系がお好きな方は「AGF 煎」がおすすめです。

ドリップコーヒー3選

 

モンカフェ バラエティセブン 45杯分

→圧倒的安心感のモンカフェが7種類楽しめます。
定番以外は購入のタイミングで定期的に豆の種類が変わるので
毎回それを楽しみにしてます。

全体的にバランスが良くとても優等生な味です。
癖がすくなく比較的朝のスタートに飲みたい風味が多い印象です。

小川珈琲 ドリップコーヒー4種(プレミアムブレンド8P、コーヒーショップブレンド8P、有機珈琲オリジナルブレンド7P、有機珈琲モカブレンド7P)

→京都の方はおなじみの西京極の小川珈琲です。
パッケージの平凡な印象からはまったく想像がつかないのですが
めちゃくちゃ個性的な味わいです、本当個性的なのです。

特にコーヒーショップブレンドは大手のコーヒーチェーンを彷彿とさせる味わいです。
4種類ともに味が濃い目なのでコーヒー好きには飲み応えがあります。

AGF 煎 レギュラーコーヒー プレミアムドリップ 濃厚 濃厚 深いコク 【 ドリップコーヒー 】

あのAGFのコーヒーのドリップコーヒー煎、高級感のあるパッケージからは想像がつかないくらい
個性的でめちゃくちゃパンチが効いています、それ故に味わい深くて美味しいです。
ランチのあとの切り替えの一杯には最適な味です。

混ぜても全然味が負けることがないので、ミルクとあわせてカフェオレにしたり、
豆乳とあわせたりのアレンジにも最適です。

コーヒー煎

いつでもAmazonで買えるのでプライムユーザーは是非お試しください。

この3種類を飽きないように回してで飲んでいるですが
普段コーヒー好きじゃない人でも絶対に美味しい思える一杯があると思っています。

タイトルとURLをコピーしました